スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
今日は。。。


今日はアルの命日です


artemis.jpg
写真は3歳の頃

2003年9月9日AM6:20でした

8月2日に肺がんと診断

早い時期に気づいて上げられなかった事が心残り

平日の朝なので仕事に出てしまってたら

ひとりで静かに逝ってたんだと思う

看取ってあげられて本当に良かった

享年12歳





スポンサーサイト
【2015/09/09 21:16】 | アルテミスとの思い出 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もう8年も経ちました
今日はアル(アルテミス)がお星様になった日

IMG_0003-1.jpgIMG_0004-1.jpg



シェルティの代表のように、繊細で品のある子でした。
アーモンド形のお目目が、とってもキュートなお嬢さまでした。
飼い主はもちろんだけど、私の両親以外には、なかなか懐かない子で・・・。
だからこそまた別の意味で、絶対に守ってあげなきゃ!って気持ちが強かったです。


でも、とってもお利口さんなお嬢で、ボール遊びはもちろん!
フリスビーをキャッチするのが大・大・大得意でした。
公園では、丘の上から下にフリスビーを投げて、転がるように走ってジャンプしてキャッチするアルの姿が今でも忘れられません。

そうそう!ビスケットの鼻置きキャッチもね得意でしたね~。

旅行にもよ~く連れて行ってました。
今ほどペット可の施設も多くは無かったので、一緒に連れて行っても、ちゃぁんと車の中でお留守番のできる良い子でした。
テニスはもちろん、スキーにも連れて行ってましたよ。
朝は早起きして散歩に行き、夜もお散歩に連れて行き・・・。
スキーでは、朝車に行ったら、すっごい雪が車に積もっていたりして・・・。
大慌てだったりもしたけど。
一緒の旅はとっても良い思い出になっています。



そして今、アルは藤沢の空乗寺に納骨してますが、諸事情によりそこから出なくてはいけなくなりました。
いずれ、スージーも一緒に空乗寺で納骨させてもらいたかったのですが・・・。

そうなると、手段としてはアルの遺骨は合同慰霊塔への合同埋葬にするか、返骨してもらい別のお寺で納骨してもらうか、どちらかの選択しなくてはいけない事になりました。

返骨の期限平成25年6月までは、管理と供養もしていただけるようなので、それまでには決めようかと思っていますが・・・。

でも、スージーも1年が過ぎたので、そろそろ納骨を考えてはいました。
空乗寺を紹介していただいた、かかりつけの獣医さんに相談し、最終的にスージーを火葬してもらった白峯寺にどちらもお願いする方向で考えてはいます。


それをいつ頃にするか・・・なんですけどね。


年に一度の慰霊祭の時、または獣医さんに相談してください!ってご案内に書いてある・・・。
って事は、基本いつでもいいのかな?・・・なんて勝手に考えちゃってるけど。


もうアルは合同にする?
なんて選択あるけど・・・・
アルとスージー、一緒にさせてあげたい気持ちがあって・・・。
もうしばらくは、どちらも個別納骨がいいかな・・・って思ってます。


アルもスージーも、生まれ変わって、どっかで楽しそうに走っているのかな・・・なんて思うと、今でも胸が熱くなります。










【2011/09/09 14:51】 | アルテミスとの思い出 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カメラを意識しています
新小岩の2階ベッドの上が大好きなアルちゃん
IMG_0008_20110522214514.jpg


毛布の上も大好きだよ~
ar3


カメラ目線が超カワイイ
ar4


大人な顔のアルちゃん、アーモンド型のおめめがかわゆいです






【2010/08/12 19:12】 | アルテミスとの思い出 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あかずきんちゃん?
私は誰でしょうか?
dog  family 011

dog  family 012

そうです、赤頭巾ちゃんです。

いろんなかっこして写真を撮らせてくれましたね~






【2010/08/11 19:05】 | アルテミスとの思い出 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
3匹のお散歩
新小岩に住んでいた頃は、実家のラピを預かり3匹のお散歩・・・なんて事もよ~くありました。
0528163413.jpg
左からスージー、ラピ、アルですよ。
お耳が垂れているのがアルちゃんです。


決して仲はよくなかったよね~

だってアルちゃんが一人っ子の幸せいっぱいの時にスージーはやって来ました。
そして2匹はとても嫉妬深かったし・・・

そこへ実家のラピちゃんが来るわけです。
3匹でうまく行くわけがありません。

IMG_0027.jpg

今は3匹ともお星様になってしまいましたね

あのときのいろんな出来事がすべて楽しい思い出になってるよ


ありがとう ラピちゃん アルちゃん スージー 






【2010/08/08 13:41】 | アルテミスとの思い出 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ボールが大好き
アルはお散歩大好き、走るの大好き
だってシェルティだもん

IMG_0007.jpg

IMG_0009_20110522214513.jpg


特にボール遊びが大好き

IMG_0010_20110522214512.jpg

IMG_0013.jpg

IMG_0012.jpg

ar5

IMG_0011.jpg


いつでもどこでも一緒だったね












【2010/08/07 23:00】 | アルテミスとの思い出 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ラピスラズリ
実家で2番目のわんこが、ラピです。
シェルティの女の子
アルテミス


高校生の時、校長先生がコリーの小型犬でシェルティと言う犬の話をされた時が、
最初だったのかなぁ・・・。ちょっと記憶が定かではありませんが。
でも、その頃からずっとシェルティに憧れていました。

それから、私がずぅーっと欲しかった犬。
それが、シェルティでした。


ラピは、私がパパとお付き合いをしていた頃に、
新宿のガード下の犬屋さんで買いました。

デートの度に、犬屋さんの前をとおり、何度も何度も見ているうちに
どうしても、この仔が欲しくなってしまいました。

そして・・・・とうとう2人で買ってしまいました。
15万くらいした記憶があります。


名前は、ラピスラズリ
宝石からパパが付けてくれました。
とっても素敵な名前・・・気に入りました。
とっても血統の良い仔で毛色も綺麗、お散歩していても自慢の仔でした。


IMG_20110522224051.jpg



ラピが来た頃、祖母が亡くなり、葬儀の時ずっと洗濯機の蓋の上に乗せられていたラピ・・・。
一緒に遊んでもあげられず、おトイレもちゃんと我慢していてくれて、全く吠えずに、
とってもいい仔にしていてくれました。

だから最初は、ワンって吠えなかったので心配してた程でした。
ワン!って吠えた時は、みんなで・・吠えた~・・・って大喜びだった記憶があります。

パパが家に遊びに来たとき、ラピも一緒に過ごしました。

そしてしばらくして私達は結婚する事になりました

結婚の時、父母が寂しがると思い実家の仔としておいていきました。
今から思えば、一緒に連れて行けばよかったかな・・・って思ったりします。

ラピちゃんごめんね

そして弟も少しして結婚が決まり、数年後に新宿から今の日高市に移りました。
高麗に移ってからは、毎日父も母もラピと散歩に出かけ、近所の犬友とも出会い
充実した日々を送っていたようです。


それからずいぶん経って・・・・ラピちゃんは・・・・両親の愛をいっぱい受けて
・・・天国へ旅立って行きました


最後は2人に見守られてきっと寂しくなかったと思ってます。


これからもずっと忘れないよ・・・大好きだよ ラピ



dog  family 003 (2) dog  family 003 (3)


























【2010/08/06 22:48】 | アルテミスとの思い出 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アルテミス
この仔が可愛い可愛いアルテミス、女の子です。

IMG_0002_NEW.jpg

シルビアの車にダンボールに入ったこの仔をパパが大事そうに抱え助手席にいました。

結婚して、少し経ってからの事です。
どうしてもシェルティが欲しくて・・・。
ブリーダーさんから譲って頂きました。
夏休みの事でした
1週間の休み中に、この家になんとか慣れて欲しくて

水色のケージの中がベッドとトイレです。

初めはすぐに散歩に連れて行くことも心配で自宅前で日光浴したり一緒に遊びました。
毎日がとっても楽しかったです





【2010/08/05 21:59】 | アルテミスとの思い出 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
実家の犬
自分のお小遣いをためてブリーダーさんから譲っていただいた
マルチーズのリリー、この仔が最初の仔でした。
リリー

まだ中学生の私はご飯やお世話は、やはり母に任せていました。
だから、母に一番慣れていたかもしれません。

リリーは、私が働くようになってから、母の寝床で朝方未明にお星様と
なってしまいました。
母が一番悲しんだかもしれません。
たぶん8歳くらいだったのでしょうか。

欲しくて飼ったのに、まだまだ自分で面倒が見れない年齢だったので
一緒に暮らした記憶が乏しい・・・・悲しいです。







【2010/08/04 00:00】 | アルテミスとの思い出 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。