スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
雪の日に
スージーは、まだ新小岩に住んでいた時にやって来ました。
1993年2月の雪の降っていた寒い日の事です。

アルの散歩から戻ったパパの腕の中には、小さくて不安げな仔犬がいました。

元気だった頃のスージー
スー


P:連れて来ちゃったよ~。
M:えっ~!どうしたの?
P:公園のベンチにちょこんと座ってたんだよね。周りには誰もいなくてさ・・・。
  おやつが周りにばらまかれていて、遠くから子供が見てるんだよ。
M:棄てられたのかな?ビーグルの仔犬なのかな?


2ヶ月くらいしか経っていないように見えたこの仔を、またベンチに帰すなんて事
できる訳がありません。
そてにしても、何も雪の降っているこんな寒い日に、こんな酷い事をする人間には、
腹が立ちます。ほんとモラルの低い人達がたくさんいる事に憤りを感じます。
寒い日じゃなければ、いいってもんじゃないけどね!
許される行為じゃありませんね!

週末からスキーの予定の我が家は、この仔をまずどうするか。
考えた結果、動物病院で預かってもらおうと連れて行きました。
先生は了解してくれたので一安心でしたが・・・・。



          




スキーから戻り動物病院へ。
すると、先生曰く

二度と預かりたくないよ~こいつは一晩中追い鳴きが酷くて眠れんかった・・。

なんて薄情な先生・・・この仔だって勝手に公園に置き去りにされて、
そして、訳あってまた動物病院に預けられてるんだもの。
二度放棄されてるようなもんだものね
確かに追い鳴きしたくもなるわよね可哀相に、ごめんね~

そして、我が家にはすでにシェルティのアルがいるので、次の日からどなたか
この仔の家族になってくれる方はいないかと探す日が続きました。










関連記事
スポンサーサイト
【2010/08/02 21:25】 | スージー・スーとの思い出 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スージーとの出会い~警察学校 | ホーム |
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://suart.blog111.fc2.com/tb.php/18-d26e86d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。